【マンション・一戸建て売却ガイド】損をしない為の一括査定徹底比較

抵当権抹消登記の免許税とは

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

抵当権抹消登記の免許税イメージ
家を購入する時多くの人が金融機関に融資を受けるケースが多いと思います。
融資側が担保として設定する権利です。

 

抵当権の効力は強いもので、住宅ローンを滞納してしまうと、所有者の意思とは無関係に抵当権がある融資側が住宅を取り上げ、処分し残債を回収する事ができます。

 

不動産売却での抵当権抹消

抵当権抹消登記が必要になる場面は住宅ローンを完済したときと、住宅ローンが残ったまま売りに出した時です。
抵当権を外していない住宅を買うという人はいません。

 

不動産登記簿上は自然に抵当権が抹消されることはなく例えローンが完済していても融資側が抹消の手続きをしてくれるわけではないのです。(案内は有)
買い手に渡す際には抵当権のない物件として渡せるように抹消に手続きを行う必要があります。

 

抵当権抹消登記の登録免許税

抵当権抹消登記にかかる登録免許税は1物件につき、1000円が原則です。その際土地と建物それぞれにかかります。
登録免許税は収入印紙で納めます。登録免許税分の収入印紙を貼り、 登記申請書と一緒に提出します。
申請場所は不動産の管轄法務局です。

 

抵当権を抹消するための方法は2つあって、手続きを自分で行う方法と、司法書士に依頼する方法があります。自分で行う場合は手間がかかりますが、抹消登記にかかる免許税として1つの不動産にあたり1000円で済ませることができます。一方司法書士に依頼すると手続きにかかる手間を省くことが出来ますが、手続きをしてもらうのに数万円かかってしまいます。
どのように抵当権抹消登記をすすめるかも考えてみましょう。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加