不動産売却は手数料で選択するとは

マンションや一戸建ての自宅売却を依頼する業者の選択材料の一つに手数料とは?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

不動産確定申告

不動産売却を知らず知らずのうちに損をすることがないように、手数料をきちんと把握しておくということが大事です。手数料がどれくらいなのかということを知っておくということで、最適な業者選びの際、参考にしていくことが出来ます。そもそも仲介手数料を正しく理解していないと、不動産会社の請求が正当か不当かも判断できないので仲介手数料を正しく理解してみましょう。

 

 

不動産売却の仲介手数料

不動産売却をしていくなかで様々な費用がかかります。
その費用の中に不動産会社に仲介を依頼して契約まで結びつけてくれた報酬として手数料を支払います。それを仲介手数料といいます。

 

今現在、手数料が安いということをセールスポイントにしている不動産業者もあります。手数料は売却金額の大きさによって比例し安くはないので助かりますね。

不動産会社は仲介手数料をどのように無料や半額にできるのか?

買主を自社で探したうえで売り手側か買い手側のどちらかの仲介手数料を無料とする
買主を自社でさがしたうえで売りて買い手双方の仲介手数料を半額とする
買主を他社から紹介を受け売り主への仲介手数料を半額にする

コストを削減しながら他社との差別化の為に仲介手数料を下げている不動産会社もあります。
一般的には不動産会社は、仲介手数料として上限額を請求してくるかと思います。
不動産会社の唯一の収入となるわけですから当然そのようにしたいと思いますねよね。理解できます。値引きの交渉は可能でしょうが、買主を他社から仲介の場合はやはり売り手からの仲介手数料しか発生しないわけですから値引き交渉は相当難しいと思われます。

 

 

仲介手数料には上限があります。

 

消費者が不当な不利益を受けないように、不動産会社が受け取る仲介手数料には、法律で上限が定められています。
また、仲介手数料には手数料額に対して、別途消費税が発生します。
法律で不動産業者が受け取れる仲介手数料には上限があります。これにより売り主も買い主も不当な不利益を受けないようになっています

上限は不動産会社が受け取るべき金額の事ではありません。

 

仲介手数料の速算式
売買価格×4%+2万円+消費税(売買金額が200万円超400万円以下の場合)
売買価格×3%+6万円+消費税(売買金額が400万円超の場合)

※+2万 +6万 は調整額です。

 

手数料のために物件情報独り占めの囲い込みって知ってる?

不動産情報共有システムの「レインズ」に媒介契約を受けた不動産業者は、決められた期間内に物件情報を登録する事が決まりにあります。不動産業者みんなで共有するわけです。
このことにより数多くの購入希望者に紹介されるわけですから物件を早く適正な価格で販売できる仕組み作りがされています。

 

不動産会社の収入源は仲介手数料です。
もし売却依頼を受けた不動産会社が買主も見つけられれば、売り主側と買い主側の双方から手数料を報酬として受け取れるので倍の収入となります。
それをねらった不動産業者はレインズ自体には登録はするが、他業者には「契約予定」などの理由をつけ紹介しない行為を「囲い込み」と言います。
これは売却したい売り主にとっては良いことではありません。

 

不動産会社が自社利益のみを考えて、不動産物件を囲い込み、お客様に対しての裏切り行為を平気で行う不動産業者も世の中には存在しているとい事を把握しておきましょう。

 

なかなかこれは依頼者側からわからないものです。もし売却依頼をしてから、疑問不審などがでたら他の不動産会社に相談してみるのが手です。。「囲い込みされていないだろうか?」と聞けば、スグに知る事が出来るでしょう。。

 

 

まとめ

実際に、不動産売却をしのであれば最適な不動産会社を見つけるということが重要です。まずは不動産売却査定サイトは悪徳業者排除を心がけていて、売り主側にはとても心強いサービスです。どんどん活用していきましょう!

 

あなたの家の売却査定額をチェックしてみる!

 

イエイ不動産売却査定

イエイ不動産売却査定の特徴

不動産査定サイトは2008年設立で老舗。不動産無料一括査定利用実績No.1!ですでに300万人を突破。登録不動産業者数は1000社以上と数多くある査定サイトの中でもトップです。好ポイントは悪徳業者を徹底排除し常に質を保つ努力をしていて利用者側にとってとても心強い。意外と便利なのが、苦手な方も多いお断りの連絡も代行してくれるなどのサポートサービスもありおすすめの一括査定サイトです!。

総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
イエイ不動産売却査定のをおすすめできる理由
  • 大手の不動産会社は当然、中小の不動産業者まで幅広い見積りの取得が可能
  • サイト利用者側にとても心強い体制で登録業者が多いのに悪徳業者の少なさには非常に好感
  • 不動産売却の基礎や税金についてなどわからない事もアドバイスしてくれるなどサポートが充実している

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加