◯高く売れる不動産とは

どんな不動産が高くうれるのか?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

家を高く売る

 

自分が不動産の売却を考えた時やはり出来るだけ家を高く売りたいと考えると思います。ではどのような家が高く売れるのでしょうか?高く売れる条件を確認していきましょう。

 

マンションや一戸建ての不動産物件が高く売れる条件

相続で不動産を得たなら、まず真っ先に行わなければならないのは相続登記です。相続登記とは名義人を相続した人に変更する手続きです。この手続きに期限はありませんが、相続登記をしなければ不動産売却はできません。他にも相続登記をしなければならない理由があります。例えば、法定相続人が勝手に自分の持ち分を登記し不動産売却する、もしくは将来、相続人の一人が亡くなった場合、権利は配偶者や子供に行き渡るので、相続する人が増えてしまうといったデメリットが考えられます。ですので、相続登記は、相続で不動産を得た時から早い段階で行うようにしてください。

 

確定申告を行う理由と方法に関して

不動産売却をして売った値段が、取得費や経費等を差し引いて上回って売却利益を得た場合、税金がかかってきます。それは毎年1月1日から12月31日までに得た所得を申告しなくてはならないからです。この申告を確定申告といいます。確定申告をする手順について述べていきます。まず申告書を手に入れます。この時、自分はAの申告書なのかBの申告書なのか確認する必要があります。そして申告に必要な書類を準備します。例えば給与所得や源泉徴収票、生命保険料控除証明書等がこれにあたります。そして申告書に記入し、提出するというのが一連の流れです。

 

不動産売却時にまつわる確定申告の必要性

売却利益を得たのにも関わらず確定申告を行わなければどうなるかといいますと、まず延滞税というものがかかってきますので、必ず行うようにしてください。売却利益を得て確定申告を行うと譲渡所得税という税金を納めることになります。譲渡所得税とは課税譲渡所得と譲渡所得税の税率の乗法の責となります。確定申告の申告書作成において、収入と支出の全てを計算しなければならず、また譲渡所得税の計算は複雑です。収入にあたる部分は申告漏れがないと考えられますが、支出については申告漏れもあるかもしれません。そういった場合、納税額が増え損をしてしまいます。そうならないためにも税理士の方にお願いするのも一つです。

 

 

まとめ

以上、不動産売却による確定申告について述べてきましたが、売却することによって得られるものもあります。それは維持費が不要になるということです。この点も踏まえて不動産を売却するか否か、しっかり検討する必要があるかと考えます。

 

 

無料で不動産売却一括査定額をしてみる!

 

イエイ不動産売却査定

イエイ不動産売却査定の特徴

イエイ不動産査定サイトは主要大手から地元密着型不動産まで審査基準を通過した厳選された不動産業者数は1000社以上から査定を依頼できます。
10年を超える運営実績で数多くある査定サイトの中でもトップです。
専任スタッフが家を高く売りたい売り主様に中立の立場で不動産売却のお悩みのサポートをしてくれます。

総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
イエイ不動産売却査定のをおすすめポイント
  • サポートト体制は業界屈指で、家を売りたい方にとても安心できます。税金や相続などなんでも相談できます。
  • 家を高く売るためには比較が重要。査定額を比較するには複数の不動産業者から査定額をもらうのが必須です。
  • イエローカード制度のお陰で悪徳不動産会社からシャットアウト。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加